<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
いざ♪ワンダーランドへ

直前になって

そして

昨夜おそぉく 娘が手伝ってくれて

出来上がった♪


ドリクマ連れて

行ってきます♪




| つれづれ | comments(0) | -
火星に住むつもりかい?

 

そして・・・

 

娘が図書室から借りてきてくれた2冊のうちのもう1冊がこちら

 

伊坂幸太郎さんの「火星に住むつもりかい?」

 

火星に住むつもりかい? [ 伊坂幸太郎 ]

価格:842円
(2019/8/29 09:01時点)
感想(6件)

 

当分の間は、伊坂さんの作品から離れておこうと

私の中で思っていたのだが・・・

 

思うだけじゃだめなのね、何事も。(笑)

 

言葉にして娘に伝えていなかった私がいけなかったのだ。

 

「ハイッ! お母さんにも借りてきてあげたよぉ〜♪」

 

(うわっ・・・伊坂さんの・・・)って心が呟いた。

 

文句なんか絶対言えない。

でもこれ読んだことないし、まっいっか。

 

なんて思いながら、

 

乾ルカさんの本を読み終えたあとに続いて読み始めた。

 

最初の段落で、(やっぱり 読むの止めよかな・・・)と心が。

 

で、1日ほったらかしにしてみた。

 

しかしながら、折角借りてきてくれてるしなぁ

基本 伊坂幸太郎さんの作品良く出来てるしなぁとか

思いながら、読書再開。

 

 

結局、半分くらいまでは読んでいる顔が引きつりそうなくらい怖かった。

 

そして、途中から(なんか、正義がやはり勝つんじゃね?)とか

(がんばれ!絶対 悪に負けるな!)とか

 

先が気になって、終わりが気になって、

 

え゛〜〜〜っ とか心が叫んだりしながら

 

 

火星には住めなかったけれど、無事に読了することができた。

 

 

 

 

余談だが、

ここ1年で伊坂幸太郎さんの作品を立て続けに読んだお陰で

宮城県内の地区名をかなり覚えてしまった。

 

私だけだろうか。

 

 

 

 

 

| 読書 | comments(0) | -
私の忘れ物

乾ルカさんの作品「私の忘れ物」

 

わたしの忘れ物 [ 乾ルカ ]

価格:1,836円
(2019/8/29 08:41時点)
感想(0件)

 

久しぶりに図書室で娘が本を2冊借りてきてくれたうちの1冊だが

乾ルカさんの作品はこれが初めて。

 

ゆったりとした流れの中での物語で、読み進めていても圧迫感がなくて

久しぶりにのんびりとした気持ちで最後までいけたが、

 

最後の章で、まじか・・・って

 

まぁ、そういうオチなのかもしれないが

一気に現実感を無くした私の気持ちをどうしてくれようぞ。

 

物語は、6章からなる様々な「忘れ物」にまつわる人と人、人とモノとの物語。

 

人生の中で、あるモノを久しぶりに手にしたときに

ふと、そのモノに繋がる人との過去の記憶が蘇るときがあるが

疾うに忘れていた過去なども思い出させてくれる「忘れ物」

 

そんな思いを感じながら読み終えた1冊だった。

 

 

 

 

 

| 読書 | comments(0) | -
ゴーヤ

夏といえばゴーヤ

 

そう、昨日ゴーヤを5本戴きましたの♪

 

さっそく昨夜のお夕飯に、豚肉の細切りと合わせてかき揚げ天ぷらにして美味しくモグモグ( ´艸`)

 

とっても美味しかったので

残りのゴーヤも痛まない内にドガンカセントいかん。

 

さて、どうしたものかとネットで探すと

スライスして冷凍保存と出てきた。

やはりそうよねぇ〜

 

ってことで

 

残りの4本を一気にトントントン🐖と

 

4本分となると山盛りのゴーヤスライスが…

 

 

とりあえずキッチンタオルで水分を取って

(めんどくさかった、おおざっぱなおいらには(笑))

 

2袋に入れて冷凍庫へ

これでだいたい2本分くらい

 

キッチンタオルでの水分除去に

飽きたので……ォィ。

 

残りの2本分を佃煮にした。

 

 

たぶん

 

もう

 

察知しているだろうが

 

 

 

佃煮の方がよっぽど

手が疲れて時間もかかった

 

そして 

 

 

途中で飽きそうになった(笑)

 

 

ゴーヤが

 

『僕のあの緑色の青春を返してくれぇ〜!』

 

って、叫んできそうなくらいの焦げ茶色( ´艸`)

 

 

まぁ でも

美味しくできたよ。

 

 

| つれづれ | comments(0) | -
僕って何

初めて手にした三田誠広さんの作品「僕って何」

 

【中古】 僕って何 角川文庫/三田誠広【著】 【中古】afb

価格:108円
(2019/8/5 11:53時点)
感想(2件)

 

 

実は、三田誠広さんという作家を私は知らなかったのだ。

そして、この小説は昭和52年に単行本で出版されており、芥川賞作品でもあることも

調べて初めて解った。

 

学生運動小説は、この本が私にとっては初めての本だったのだが、

何故かこの主人公は、学生運動に参加する自分自身の意思の曖昧さというか、

単純に周りの人間に巻き込まれて、引き込まれて参加し、

また別の運動会派の意見にまた翻弄されて、いとも簡単に当初の会派を捨て

新たな会派に属し、その自分の居場所が本当にそこにあるのか、自分とはいったいなんなんだ?というジレンマに毎回悩むという、読み進めていくと本当に「あんたねぇっ!」って叱咤したくなるほどの優柔不断さを感じてしまう。

まぁ、だから「僕って何」という本なんだけれども。(笑)

 

なんとなく高度成長期の中で、大学生が時代の流れに振り回されている感が伝わってきた作品だった。

 

 

これは、遠縁に当たる方の莫大な蔵書の中から数冊の芸術本と共に頂いた小説本のうちの一冊。

私には足元にも及ばないくらいの読書家だった方なので、私が到底手に取ることもなかったであろう本が沢山あり今回、この三田誠広さんの作品に出会うことができたのだ。

またこの作者の違う作品を読んでみたいとも思った。

 

 

| 読書 | comments(0) | -
小屋作り−2−

小屋作りのつづき。

 

近くのホームセンターへ、12mm厚のコンパネや2×4木など

購入。

最近のホームセンターは軽トラックを1時間無料貸出してくれるので

すごく助かる。

んでもって、購入してきた材料を下ろすのは大変(汗)

 

p_20190330_094825-1.jpg

 

ちなみに基礎に使った角材は、年末から建築中だった娘宅の端材を

ちまちまと貰い受けにいって、物置になおし込んでいたもの。

端材って馬鹿にできないわねぇ。

 

あと、今回の小屋作りには総勢8名ほどの仲間が暇を見つけては…ではなく

時間を作ってくれてちょこちょことお手伝いをしてくださいました。

マジにこんなん小屋作りって一人や二人ではできませんぜ。超感謝!

棟梁を始め、いろんな技術を持った人たちだったので、すごく勉強させてもらいながらの小屋作りが始まったのでした。

 

もちろん、雑誌も数冊購入し(笑)

これは とても解りやすい本↓

 

自分でできる! 小屋の作り方 (学研ムック DIYシリーズ) [ ドゥーパ!編集部 ]

価格:1,645円
(2019/8/2 14:41時点)
感想(8件)

 

 

 

前回、基礎の束石設置のときに記載忘れていたけど、

水平器ってホント必要よねぇ。

実際我が家にはまだ水平器ないのだけれども、施工中は棟梁の私物ずっと借りっぱなし(こらこら・・)

今度はちゃんと自分用を買わなきゃ。

 

シンワ測定 シンワブルーレベル300mmMg付 300mm 76379 マグネット 水平器

価格:789円
(2019/8/2 14:42時点)
感想(11件)

贅沢だけど、このレーザーレベルは使ってみたいわぁ。

 

ボッシュ ミニレーザーレベル GLL1P レーザー水平器

価格:3,839円
(2019/8/2 14:46時点)
感想(4件)

基礎の位置決めする時には、水平器だけではなく、

5mものの透明ホースに水を通して水平を取ったりして楽しさも味わえるのがDIY(*^ω^*)

こんな感じ(下手くそでごめんなさい)

 

 

さて、3月20日の作業内容を。

 

基礎もしっかりと9箇所設置が済んだ後に、コンパネ張り。

綺麗にコンパネが乗って、土台がちゃんと出来ていたのが確認できて

満足満足。

 

P_20190320_171554.jpg

 

張ったコンパネの土台を利用して、トラスの図面を描いて作る。

思い込みで計算してやっていたら、左右対称に図面が引けなくて

みんなで悩んで悩んで・・・

で、あっ!ってなって・・・

思い込みってだめよねぇ、ちゃんと最初の計画図面も確認しなきゃ〜

とか、無駄な時間をかけながら、

P_20190320_171615.jpg

 

トラスを3つ作成。

 

p_20190330_094817-1.jpg

 

そして3月30日

この日は、5人での作業

 

同じように土台の上で、東西南北の壁4枚の組み立て作業

p_20190330_105211-1.jpg

 

ちゃんと計測してやっているんだけど・・・

何故かすこぉしズレというか歪みがでたりするのを

頭と力と意地で合わせていく。

p_20190330_105220-1.jpg

 

で、一番の力を出し合って、組み立てた壁を立て掛けてそれぞれの端を留めて

念のために四隅には金具での補強もしてもらった。

こんな高所の作業になると若い助っ人が頼もしいと

思うお年頃な私。。。( ´艸`)

 

p_20190330_174157-1.jpg

 

壁の内側はこんな感じ

 

p_20190330_174222-1.jpg

 

日にちは4月4日

屋根の重さに耐えるよう、補強のため3箇所に2×4材を渡してから

トラスを設置。

もちろん私は下からお手伝い。(高所は怖い)

 

p_20190404_113924-1.jpg

 

外観・・・なんとなく雰囲気が見えてきたかも

p_20190404_134318-1.jpg

 

翌々日の4月6日に垂木張り

 

 

 

・・・って、写真があまりないのさ。

おいらも一生懸命作業していたから・・・ということで

 

またまた つづきはまたあとで。

 

 

| つれづれ | comments(0) | -
ゴールデンスランバー

立て続けに、伊坂幸太郎さんの作品「ゴールデンスランバー」

 

ゴールデンスランバー (新潮文庫) [ 伊坂幸太郎 ]

価格:1,015円
(2019/8/2 09:58時点)
感想(152件)

 

殺人犯の濡れ衣を着せられた主人公「青柳」が、なんとか助かるようにと願いながら

また、青柳を取り巻く知人たちの安否が酷い方向へ行きませんように作者への期待を持ちながら

一気に読んでしまった作品。

 

絶対、事件とか警察沙汰とかには巻き込まれないようにしようと

強く強く感じてしまった。

 

 

相変わらず、この作者の作品は怖いわ。

 

なんでこんなに怖いのに買ったしまったのだろうと・・・。

ネットでまとめて10冊ほど去年購入してしまったのよねぇ。

途中途中、違う作風の作者作品も入れながら1冊1冊読み終えてきて

やっとこれで最後(笑)

 

まぁ 怖かったけど作品はすごく読み応えがありましたけどね・・・でも怖かった。

夢にね、でてくるのよ。

サスペンスって、だめよね。

精神的に、だめよね。

なのに なぜハマって読んでしまうのだろうかねぇ。

 

しばらくは、柔らかな作品を求めてみようかと・・・つくづく。

 

 

 

 

| 読書 | comments(0) | -
| 1/103PAGES | >>