<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
木洩れ日に泳ぐ魚

先日 ブックカバーを作成して

うきうき気分で読み始めたこの本

木洩れ日に泳ぐ魚 (文春文庫) [ 恩田陸 ]

価格:669円
(2018/11/13 22:30時点)
感想(13件)

 

 

この文庫本の帯に

『続きが気になりすぎて電車を乗り過ごしました。』

って 載っていたのだが

 

まさにその通りだわ・・・と思える流れだった。

 

ここまで 人の感情の短時間内の移り変わりを

そして情景をまでも 感情によって変わってしまうような描写を

 

読み手の流れを 勢いを止めることのできない内容なのに

 

なんて すごい書き手なんだ・・・と

流れの中で 何度も何度も

頭のどこかで 思わざるを得ないくらい感じた。

 

 

そして 

 

ずっと 引き込まれたままで

 

終わる。

 

 

そんな本を 読了。

 

 

| 読書 | comments(0) | -
コメント
コメントする