<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ゴールデンスランバー

立て続けに、伊坂幸太郎さんの作品「ゴールデンスランバー」

 

ゴールデンスランバー (新潮文庫) [ 伊坂幸太郎 ]

価格:1,015円
(2019/8/2 09:58時点)
感想(152件)

 

殺人犯の濡れ衣を着せられた主人公「青柳」が、なんとか助かるようにと願いながら

また、青柳を取り巻く知人たちの安否が酷い方向へ行きませんように作者への期待を持ちながら

一気に読んでしまった作品。

 

絶対、事件とか警察沙汰とかには巻き込まれないようにしようと

強く強く感じてしまった。

 

 

相変わらず、この作者の作品は怖いわ。

 

なんでこんなに怖いのに買ったしまったのだろうと・・・。

ネットでまとめて10冊ほど去年購入してしまったのよねぇ。

途中途中、違う作風の作者作品も入れながら1冊1冊読み終えてきて

やっとこれで最後(笑)

 

まぁ 怖かったけど作品はすごく読み応えがありましたけどね・・・でも怖かった。

夢にね、でてくるのよ。

サスペンスって、だめよね。

精神的に、だめよね。

なのに なぜハマって読んでしまうのだろうかねぇ。

 

しばらくは、柔らかな作品を求めてみようかと・・・つくづく。

 

 

 

 

| 読書 | comments(0) | -
コメント
コメントする