<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
今日のお題

ここ 私が使っているブログサイト「JUGEM」では

ホーム画面に「今日のお題」という枠がある。

 

そう ブログネタに困ったら この「今日のお題」に沿って

なにかしらつぶやいておけばいいんじゃなぁい?ってことだと私は勝手に認識している。

 

しかし 私のホーム画面だけがそうなのかどうか解らないが

この「今日のお題」のお題がなかなか更新されない。

 

なので あまり期待していないのだが

久しぶりに今日のぞいたら10月31日に更新されていた。

前回は6月17日で 私も使った「好きなお寿司は?」って内容だったっけなぁ。

 

 

私は 天邪鬼なので 変なところに食いついてしまったのだ。

 

今日のお題で10月31日の内容がー好きな「そば」は 何そば?ーってことなんだけど

その 内容の中で 

『毎月31日は 皆さんお待ちかね「そばの日」ですよね?』って文言があって・・・

 

毎月31日って 毎月毎月 31日って ないぞ?

 

なぁんて そぉんなとこで ひっかかってしまった。

皆さん お待ちかねなのに 年に7回しか そばの日ってないってことかしら?

 

おそばやさんは お客様に 

「今日はそばの日ですよぉ〜たべにきてぇ〜」

なんて 集客タイミングの一つにでもなりそうな「そばの日」が

毎月ではなく 年に7回って・・・

 

つらいわぁ・・・。

 

 

 

ここまで 書いて

 

ほんとに毎月31日なのか?

不安になってきた。

 

 

そしたらさ

 

そばの日って

『10月8日』と 『毎月末日』ですって。

 

なぁんだ

 

そういうことです。

そばの日は 毎月ありました。(笑)

 

 

ちなみに 私は 「ざるそば」が一番好きです。

それも シンプルな「ざるそば」

 

 

では おやすみ。

 

 

 

 

 

| 今日のお題 | comments(0) | -
秋空

お久しぶりの投稿です。。。えへへ

 

さぼっている間 何をしていたかというと

 

そりゃあなた ソフトバンクホークスの応援で忙しかったからですよ。( ̄▽ ̄)

 

って 昼間はなかったのにね。

 

 

そぉんな 昼間の秋空に ぽかりぽかりと浮いている雲をみながら娘との会話で

 

私 「イワシ雲がすごいねぇ」

娘 「うろこ雲じゃない?」

私 「えっ? イワシ雲じゃ?」

娘 「うろこ雲っていうやろ?」

 

お互い 語学力のなさから 自分の言葉に自信がなく・・・

 

私&娘 「調べんばねぇ〜」

 

で 調べた結果

 

イワシ雲も うろこ雲も 同じ巻積雲の一種で

その巻積雲には ひつじ雲ってのがもう一つあった! 
違いは3つ。

 

・雲の高さの違い

・一つ一つの雲の大きさの違い

・雲の薄さ

 

だそうです。

 

 

ひつじ雲が 中層の高さで

イワシ雲とうろこ雲は 高層の高さ

 

ひつじ雲の大きさは 塊状で

イワシ雲とうろこ雲は さざ波のよう

 

ひつじ雲は厚みがあるけど

イワシ雲とうろこ雲は 薄くて影がない

 

 

あれっ?

んじゃ イワシ雲とうろこ雲の違いって?

 

イワシ雲ってのは 秋空にできる巻積雲の呼び名だって。

なので 私も娘も間違いではなかった・・・ことにしよう(笑)

 

しかし 雲って いろんな名称をもっていますよねぇ。

そして いろんな形で 楽しませてくれる。

この間のコスモス園で 撮った写真を 最近見直していたら

とっても 素敵な雲が一緒に入っていたので

 

P_20181020_115013.jpg

 

ね♪

 

ハートっぽいでしょう(〃艸〃)ムフッ

 

台風の時などの雲は怖いけど

こういう雲は 大好きです。

 

 

 

 

 

 

| つれづれ | comments(0) | -
霞のお新

霞のお新って知ってるかぃ?

 

知ってる人は 同世代(〃艸〃)ムフッ

 

私が小学生の頃 観ていた国民的ドラマ「水戸黄門」に

風車弥七の奥様で出ていた あの「お新」のこと。

 

何故また急に?

 

 

ふふふ

 

我が家の母が 毎日のように午後3時になると再放送の水戸黄門を観るのさぁ

 

ついつい 暇だと一緒になって観てしまうのが「水戸黄門」

そして ちょいと観ちゃうと最後まで離してくれないのも「水戸黄門」

 

そんな「水戸黄門」の本日の放送の中で

悪党の一人がこう言った。

 

『あの白髭じじいと腕っぷしのいい男が二人、それに渋皮を剥いたような年増がいるんでぇぃ』

 

編み物をしながらちょろちょろ観ていた私の耳は その言葉にビックリ!

 

(えっ あのお新さんのことを 年増って 言ったわね('Д')

 それも 渋皮剥いたって なんなの?一体なんなの?)

 

語学力のない私は もうお新さんが めっちゃひどい言葉をかけられたようで

ーたぶん 「年増」っていう言葉に惑わされていたのだと今になっては思うー

 

水戸黄門をそのまま観続ける心の余裕もなく・・・

 

ハイ 調べました。

 

 

渋皮がむける→垢ぬけて美しくなる。洗練される。

 

(なぁんだ そういうことかぁ。

よかったぁ お新さん そうよね 美しいもの

あの悪党も よくみてるじゃない お利口さん♪)

 

と 妙な感心も湧き出てしまった。

 

 

そんな お勉強にもなった『水戸黄門』はやはり国民的ドラマでした。

 

 

 

 

| つれづれ | comments(0) | -
小鳥のお土産

今朝ほど お洗濯の後 雑草地と化した畑を散策に行ったら

 

身に覚えのない植えた覚えのない

かわいい花が咲いていました。

 

P_20181031_084726.jpg

 

すぐさま調べてみた。 

 

ランタナ(和名 七変化…シチヘンゲ)

 

外側から花が開いていって 最初は黄色い花色なのに次第にピンク色に変わっていくという。

で この花が散った後に丸い緑の実がなり、その実が黒く熟すると小鳥が食べにくるらしい。

 

ということがわかった。

 

 

そっかぁ

 

我が家の畑に 小鳥がもってきたお土産だったんだぁ。

 

いつも タンポポやわけわからない雑草ばっかり 運んでくると思っていたけど

たまには こういう可愛いお花ももってくるんだなぁと 感じた朝でした。

 

 

 

 

 

| つれづれ | comments(0) | -
乾燥肌

最近 肌がカサカサ。

 

手ではなく顔('Д')

 

だから すっごく気になって すっごくイヤ

 

ここ数日とても気になっていたので

今日会った友人たちに イヤなのぉ〜 とぽろりと漏らしたら

 

「夜 そんなに高くない化粧水に ホワイトのニベア塗って

 朝からは 洗顔料使わずに顔を洗うの

 そぉしたら いい感じよ 私は。( ̄ー ̄)ニヤリ」と

私よりずいぶん若い子が教えてくれた。

 

でもね

 

試してみる価値はあると思うの。

 

 

早速 ドラッグストアに走りましたよ。(笑)

 

彼女が教えてくれたのはこちら

 

花王 【NIVEA(ニベア)】ソフト スキンケアクリーム ジャー 98g (ニベアソフトスキンケアクリームジャー)

 

 

 

 

さてさて

明日の朝が楽しみ。(〃艸〃)ムフッ

 

1週間後くらいに 覚えていたら

結果報告いたしまする。

 

 

| お買い物 | comments(0) | -
気になる

昨日今日と 娘の講習会参加にドライバーとして付き合っている私


今 待ち時間を呑気に過ごしているのだが

近くの椅子に70代くらいのおじさまが何かの用件が済んだ後だと思うが座られた。


そして

『ん〜いかんな だめじゃった

ん〜もっと頑張らんばいかん

ん〜もっと勉強せんばいかん』と


悔しそうに何度も何度も声に出して呟かれた。



一人 呑気に本を読んでいた私の心は

(おじちゃん 何があったん?

何がどうして駄目だったん?

そんなに一生懸命何をしてきたの?)って


もう そのおじさまの呟きに取り込まれて

本の内容なんか頭に入ってこない。


そのおじさま


何度も呟いた揚げ句に

『ん〜 無理じゃな』って


一言 呟いて席を立って帰っていかれました。



おぉ〜っい!

気になるやないかぃっ!


悔しい思いを私に植えつけて

彼は去りました。




本に戻ろう。


| つれづれ | comments(0) | -
大村藩主大村家墓所

先日 コスモス園に出向いた日に

 

友人の「本経寺の大村家のお墓がみたい」の一言。

 

実は私もこんなに長〜く大村に住んでいるのに一度も近くで見たことがなかったので

「い〜よ い〜よ〜」って。

 

もひとつ ついでに書くが

この本経寺 実は主人の実家が檀家であり

さらに 我が家は子供たちが巣立ってしまうまで毎年のように大晦日には除夜の鐘を突きに出向いているお寺である。

まぁ 最近でも息子夫婦が年末に帰省した折に除夜の鐘 突きにいったお寺である。

 

なのに

一度も すぐ横に 建っているお墓を見に行ったことがなかったのである。

 

意外とそういうものなのかもしれない。

うん そういうものだ・・・(勝手に決めてごめんなさい)

 

 

 

友人のおかげで 初めて 大村家の墓所へ足を踏み入れた。

 

とにかく お墓の大きさや形、そしてお墓の数に圧倒された。

 

一人一人のお墓があって それぞれに戒名が彫られているのだが

中には 「童女」や「童子」といった文言が最後についたお墓もあって

幼い子供のうちに亡くなられた方だろうかと驚き

昔のお殿様の時代ってすごいなと感心したり。

 

ここにある大村家のお墓はキリスト教徒大名で有名な大村純忠の息子である

大村喜前がキリスト教が禁教となった折に仏教徒になったよぉ〜って感じで

でかでかとこんなに大きなお墓を建てたとかいう説を読んだけど

 

確かに でかい。

大きいというより でかい というほうが似合っていた。

とにかく 見上げながらのお墓参りになる。

 

 

もし 機会があれば 是非見に行っていただきたい。

 

 

 

| つれづれ | comments(0) | -
<< | 2/96PAGES | >>